交通事故治療

交通事故でむち打ち症になってしまい、通院はしているが、なかなか痛みが良くならない。

そういう患者様は大勢いらっしゃいます。

むち打ち症で一番多いのは頸椎捻挫です。

 

急性の炎症期を過ぎても、マッサージや電気治療だけではなかなか良くなりません。

原因は筋肉だけではないからなのです。

何処が悪さをしているのでしょう?

 

脊柱の椎間関節がロッキングを起こしています。

背骨の動きが本来の可動域が少なくなっているからなのです。

 

高層ビルは地震になると、免震対策でビル自体がやわらかく揺れます。

背骨も身体を支えるやわらかい柱なのですね。

 

この脊柱の動きが硬くなると、背骨はうごかない・・

しかもその状態で4kg以上もある頭を首で支えなければなりません。

これでは痛みは改善しません。

 

 

事故治療では、まず脊椎の一椎一椎動きを調べます。

それから各関節の可動域を回復させていきます。

そして筋肉の硬結を取っていきます。

 

捻挫をして靭帯、関節包、腱、筋肉、神経などを損傷している箇所に

バキバキボキボキという施術はしてはいけません。

 

 

当院のGEON療法のDNA Contactは脳と身体を繋ぐ命令系の中枢である脳幹に

正しい身体の情報をトントンとやさしく伝えると、脳が神経系の乱れを正そうと働きます。

そうすることで、通常よりもずっと治癒力が早くなります。

 

そしてDNA Appearanceで上部頸椎を整えると身体の歪みも改善していきます。

身体を早期回復させていくのに強い刺激や、矯正は必要はありません。

 

関節の可動域を回復させると、神経伝達や循環が改善し、

事故損傷の早期治癒につながります。

 

交通事故治療・むち打ち治療専門院

樹整骨院