交通事故後の身体

筋肉の柔軟性と骨の柔軟性、筋肉の硬結、関節の硬さ

脊柱の連続した関節はジャバラのようで柔らかく、動く大黒柱なのです。

 

姿勢不良の状態で筋肉が緊張し、脊柱の動きが硬くなり、

可動域が狭くなり症状が戻りやすくなります。

 

マッサージだけでは症状がとれない、

傷んだ軟部組織にバキバキ、ボキボキするのはリスクが高すぎます。

 

脊柱、骨盤、四肢の関節の柔軟性が大切です。

 

肋骨は大切な臓器を守るだけでなく、肋骨が膨らんだり、縮むことで呼吸が出来ます。

肋骨の関節が硬くなると呼吸が浅く疲れやすい、熟睡できない、

睡眠を取っても回復が悪くなります。

その為、肋骨の可動性も重要です。

 

当院では痛い部位だけやマッサージだけでなく、

脊柱や肋骨の可動性、関係する部位を重視して、

損傷部位の治療を行います。

 

 

 

交通事故治療・むち打ち治療は樹整骨院にお任せ下さい!

交通事故治療専門整骨院 むち打ち治療協会

樹整骨院