睡眠の必要性

稀に寝るのがもったいない!と言われる方がいらしゃいます。

わたしは寝るのが大好きなので、人生の1/3を寝ることにしたいです。

 

いい睡眠、悪い睡眠があり、時間だけ長く寝ればいいという訳ではありません。

脊柱椎間関節や肋骨の可動域制限があると、

呼吸が浅くなり身体の回復が遅くなります。

 

また、あまり寝ていると背中が痛くなる。

朝起きると肩が凝ったり、首や腰が痛いという方は

あまりいい睡眠とはいえないでしょう。

こういった症状のある方は施術が必要となります。

また、寝具により症状がでる方も見直しが必要です。

 

本来、睡眠は大脳の休息、自律神経のや身体のリズムも調整、

体力や怪我の回復、情緒の安定、発育などがあり、

睡眠不足はこれらの働きが十分でなかったり、

症状の停滞を招いたりします。

 

布団に入っても寝れないという方は、目を瞑っているだけでも効果はあります。

布団の中では難しい事は考えず、気楽で楽しい事を考えましょう。

 

寝だめばかりだけでなく、しっかりと寝る習慣をつけましょう。

脳の疲れをリセットすると、仕事も効率が良くなるかもしれませんよ。

 

 

  

交通事故治療・むち打ち治療は樹整骨院にお任せ下さい!

交通事故治療専門整骨院 むち打ち治療協会認定院

樹整骨院