寝具について

前回に睡眠の必要性についてお話しましたので、

今回は寝具や寝方のお話をさせていただきます。

 

朝起きると、首や肩が凝る、腰が痛いという方は

寝具があなたに合っていないのかも知れません。

 

睡眠は身体の疲労を回復させる行為ですから、

本当は起きた時が一番身体が楽なはずなのです。

 

硬めの寝具が良い、とよく聞きますが硬すぎはいけません!

畳やフローリングに敷布団一枚だけで寝るのは硬すぎますね。

 

背骨は横から見ると、真っ直ぐではなくS字に弯曲しています。

硬すぎる寝具だと、弯曲の布団に当たる部分に体重が全て懸かってしまいます。

寝たきりの方は骨盤部分に床ずれが起こるようにですね。

その接地部分には体重が懸かり過ぎると、血行不良にもなります。

そうすると寝ながらにして、身体を痛めている事にもなるのです。

痛みの原因の一つが寝具ということもあるのです。

 

ではどのような寝具がいいのか。

硬すぎず、柔らか過ぎずがいいのですが、硬さの感覚は人それぞれなので、

難しいのですが、寝た時に身体全体が沈むぐらいがいいのです。

 

厚さはマットだと10CMは必要だと思います。

布団の場合は下にマットをひけばOKです。

寝た時に体重が布団やマットに分散してくれるのです。

その時に腰だけ沈み込み過ぎるのは、柔らか過ぎですのでご注意。

 

分からない場合は、専門の寝具店にお聞きするのが一番いいと思います。

値段が高ければ良いと言う訳ではないです。

年齢や状態などを相談して、買わなくてもいいと思いますので、

一度専門店で自分に合った布団やマットを体感してみて下さい。

 

いい睡眠は身体を元気にしてくれますよ。 

 

交通事故治療・むち打ち治療は樹整骨院にお任せ下さい!

交通事故治療専門整骨院 むち打ち治療協会認定院

樹整骨院