4つのストレス

ストレスと聞くと人間関係が一番に出てくるかも知れません。 

実は精神的ストレス(人間関係)だけではありません。 

精神的ストレスは、数あるストレッサーの一部なのです。   


次の4つに分けられます。 

1、精神的ストレス 

2、構造的ストレス 

3、化学的ストレス 

4、環境的ストレス   


 1、精神的ストレス 

人間関係、やりたく無い事、嫌いな事(人、物)などネガティブな感情になるものです。   


 2、構造的ストレス 

骨盤の歪み、内臓疲労による位置異常、頭蓋骨の歪みによる肩こり、頭痛、腰痛。または病気や怪我など痛み、湿疹などの痒みによるストレスです。 

痛み(痒み)があるからストレスになる、ストレスが溜まるから痛み(痒み)が増幅します。 

このような機序で悪循環が起こり、ストレスが溜まる一方になります。   


 3、化学的ストレス

薬、化学物質(タバコの煙、大気汚染物質、薬剤)、食品添加物、電磁波、人によっては花粉も入ります。 

お薬なども体にとってはストレスになります。 

化学物質が体内に入ると解毒するのは肝臓です。 

常用、常食するものにも肝臓に負担(ストレス)がかかっているものもあるのです。   


 4、環境的ストレス 

暑い寒いなどの気温、乾燥やジメジメと湿度が高い不快な気候などもストレスとなります。 

体温よりも高い気温、ムワッとする容赦ない夏の暑さ、じっとしているだけで凍えるような寒さ、これらもイライラしたりするストレス源となります。 

また騒音もストレスとなります。   


人によってストレスの割合は変わります。 

いくら自律神経を整えても降りかかるストレスが減らなければ、一歩も前進することはできません。 


ですから、むやみに頑張ろうとして欲しくないのです。 

地図を持たずに目的地に向かおうとしているようなものです。   

 

その人にあったストレス除去をしていかなければ、効果は出にくいでしょう。 

自分がどのストレスが多いのかを見つけなくてはなりません。   

そこから計画を立てなければいけません。  

 

自律神経の働きはこちら

自律神経失調症、うつを知ることはこちら

なぜ?自律神経失調症、うつになるのか?はこちら

砂糖とカフェインについてはこちら