アイシングの基本

アイシング.jpgアイシングの基本は氷と水をナイロンの袋に入れて15〜20分間、一日数回患部を冷やすことです。一日何回でも結構です。冷やせば冷やすほど、炎症は早く鎮まり楽になります。



ぎっくり腰などの急な腰痛や捻挫、突き指は、最初にしっかりとアイシングするかしないかで治り方が全く異なります。症状が出てから、2日間は、こまめに冷やすことが必要です。

捻挫をしてしまったら・・・

まずはRICE処理をしましょう。RICEとは安静(REST)、冷却(ICE)、圧迫(COMPRESSION)、挙上(ELEVATION)の4つの処理のことを指します。



安静(REST)・・・受傷部位の悪化を防ぎます。動かさず安静にします。

※例えば、寝違えた場合にストレッチをしたり、突き指をした場合に引っ張ったりすることは悪化のもとですのでお止めください。



冷却(ICE)・・・受傷部位の痛みを軽減させて出血を抑えます。受傷後、15〜20分ほど氷で患部を冷やします。氷が無い場合は、流水でもOKです。

※急性期(症状の激しい時)はお風呂で温めたりしないように



圧迫(COMPRESSION)・・・受傷部位の腫れを防ぎます。氷が無くても包帯を巻き圧迫します。

※きつく巻きすぎないように注意してください。



挙上(ELEVATION)・・・受傷部位の出血を抑え、腫れを抑えます。患部を心臓より高い位置にします。

アイシング時の注意と冷温湿布について

アイシング2.jpg凍傷を起こす可能性があるので保冷剤やアイスノンの使用はしないでください。




冷やすものをお持ちでない方はお気軽に当院へご相談ください!!

また、多くの方が勘違いされているのが「冷湿布」についてです。

「冷湿布は冷やすもの、温湿布は温めるもの」と思っていませんか?これは大間違いです!!冷湿布は冷やすものではありません。

冷湿布・温湿布ともに皮膚表面の体温を逃さない為に、その部位を温めてしまいます

三重県鈴鹿市・さんじょ整骨院にお気軽にお問合せください!

アイシングでわからないことがあれば・・・ 

 各種保険取扱の三重県鈴鹿市・さんじょ整骨院に

まずは、お気軽にお問い合わせください!
電話059-389-5812

三重県四日市市 スタッフ集合写真.JPG 三重県四日市市 院内様子.JPG