アイシングの基本

アイシング.jpgアイシングの基本は氷と水をナイロンの袋に入れて15〜20分間、一日数回患部を冷やすことです。一日何回でも結構です。冷やせば冷やすほど、炎症は早く鎮まり楽になります。



ぎっくり腰などの急な腰痛や捻挫、突き指は、最初にしっかりとアイシングするかしないかで治り方が全く異なります。症状が出てから、2日間は、こまめに冷やすことが必要です。