外反母趾の原因

【外反母趾の原因】
先天的な原因と後天的な原因があります。

 

 

■先天的な原因は、開張足(かいちょうそく)の骨格を持って生まれることです。
(開張足とは、親指の付け根から小指の付け根を結ぶ横アーチが平らで広がった状態のことです。)

 

開張足であることによって、足の指に力が入りにくくなります。
そして、その力では靴の圧迫に耐えられず足指の変形に繋がってしまいます。
つまり、開張足が進行すると外反母趾になってしまいます。

 


■後天的な原因は、先が細いハイヒールなどの靴又は必要以上に横径が狭い靴を履くことです。

ハイヒールなどの踵が高く先細の靴を履くと、足底にかかる体重が前へと移行し、踵へかかるべき体重が足の指部分に集中します。
その結果、足先への負担(圧迫、摩擦)が大きくなり、足が横へと広がってしまいます。

 

*ヒールの高さ、デザインによって外反母趾への影響力が変化しますので、ヒールがダメということでありません。