首の痛みが改善しない真の理由とは!?

なぜ病院や整体の先生が治療をしてくれているのに、一般的な治療方法では治らないのでしょうか?

その理由は、痛みの根本的な原因を解決していないからです。

 

首の痛みをもたらす原因は、実は首だけではありません。

臨床的には痛みの箇所に原因なくて、他の箇所に原因があります。

 

ではここで、上を向いてみてください。

上を向きにくい方は、肩甲骨の間辺りの背骨が前(胸側)に出ていますか?

 

この時、あなたの身体は、首(頚椎)だけが動いているわけではないのです。

胸椎(ろっ骨の辺り)も連動して動いています。

つまり首に痛みを感じたときは、この胸椎、腰椎や骨盤に原因がある場合も考えられ、首や骨盤だけの治療を行っても、痛みが取れないことが多々あるのです。

 

では、どこに原因があるのか?

頸椎が可動域制限ができてしまうのは、一つに内臓の下垂があります。

内臓が下垂してしまうと服の前を下に引っ張られるように身体全体が猫背ような姿勢になってしまいます。

 

内臓の下垂により、横隔膜も下垂してしまい神経枝の頸椎4番に緊張が起こり、頸椎の可動域が減少してしまいます。

 

このためにマッサージやボキボキすることをしても、その時だけになってしまいます。

痛みの原因は歪み、ゆがみの原因は内臓疲労によるものです。

 

さんじょ整骨院では内臓、頭蓋、自律神経を整え、本来の状態へ戻していきます。