1年前からの背部の痛み、右下肢のシビレ

 

38歳 女性 主婦

 

【主訴】

・背部全体の痛み、だるさ

・右下肢のシビレ

 

【既往歴】

・今までにも腰痛は度々あり、1年ほど前から特に下肢への痛み

・痺れが強くなる

 

【要因】

・便秘、週に2回程度

・睡眠時間は6時間取れるが起床時時はだるい

・腰椎後弯

・徐々に歩き方も庇うようになってきて、間欠系跛行を呈する

・冷え

・むくみ

・不安が強い

 

【検査&調整】

・立位の重心検査では両下肢ともに片足立ちでバランスが取れない

・座位では仙腸関節の硬さ、脊柱全体の可動域制限があり腰椎後弯

・両肩関節外転は120度程度でロックがかかる

・立位で純真を整えて両足立ちが可能になるが、座位では全体の可動域の改善は乏しい

 

仰臥位で調整

・ストレス 

・乾燥

・フリーラジカル(活性酸素)

これらの調整で7割の疼痛と跛行が軽減

座位での可動域の拡大

次回の来院日を提案して終了

 

心と身体は表裏一体。

気持ちをそのままに置き去りをしてしまったり、心の奥にしまい込んでしまったものは、必ず身体は覚えています。

身体の訴えを気付いてあげることで、その時の心の引っ掛かりも取れ、身体も良い状態に変化していきます。

私達は、ただ身体の歪みを取るのではなく、あなたの人生が豊かになれるようにサポートします。


さんじょ整骨院  松本直樹 (社)日本自律神経整体協会「三重支部」

※自律神経整体は医療行為ではありません。 ※検査結果は、あくまで筋力検査の反応です。 ※自律神経整体は、身体のバランスを整えるものです。 ※まずは医師にご相談ください。
電話バナー.jpg